» 
 » 
愛されオーラを持つための5つのポイント

5つのポイントから見る、愛されるオーラを放つ方法

愛されオーラを発するための方法を5つご紹介します。まず一つ目は心にゆとりをもつということ。せっかちでいつも忙しくしていると、愛されオーラは遠のいてしまいます。かといってやるべきことからは逃れられない!という人も多いでしょう。そんな人は、常に前もって取り組む習慣をつけることをおすすめします。

一歩先を見込んだ行動を常にしていると、時間に余裕が生まれ、心のゆとりへと繋がります。気を張らず、ゆったりとした気持ちを持つことが愛されオーラのポイントです。

見た目は全体的にふんわりとしたフォルムを出そう

二つ目は見た目の柔らかさ。全体的にふんわりとしたフォルムを意識することでプラスのオーラが感じられます。子犬や赤ちゃんは誰もが愛らしく感じるもの。その特徴として、ピュアで柔らかく、優しい印象が挙げられるでしょう。

成人女性に生まれたての要素を求めることはできませんが、それに近づけるために服装や髪形、メイクなどでふんわりとした印象を心掛けると効果的です。フォルムに合わせて色使いにも気をつけましょう。

もっと効率よく維持させる方法を知りたい方は
下のボタンをクリック!

もっと詳しく知る

多くを語らない姿勢を持とう

三つ目は少し意外かもしれませんが、多くを語らないこと。白か黒かハッキリさせずに多少グレーに留めておくことで、相手へのパワーを和らげ内面の柔らかさを表現することができます。

男性にとっては居心地がよく、愛されオーラを発するちょっぴり小悪魔的なコツ。相手を優位に立たせるだけでなく、全てを明かさないことで神秘的な部分を残すという点も愛されポイントです。

人の目を見て話そう

ただ曖昧な発言をすればいいというわけではありません。相手の目を見て話すことが四つ目のポイントです。聞く時も話す時も、相手の目をきちんと見ることで、真剣に会話に取り組んでいるという姿勢が相手に好印象を与えます。

誠意を表わすために目を見ることは大切ですが、極端に見つめすぎてしまうと逆効果です。相槌を打ちながら適度にそらしつつ、アピールしたい言葉を発するときはまっすぐ見つめるなど、メリハリをつけるとより手応えのある会話ができるでしょう。

人の名前を覚えることを得意になろう

最後に、人の名前を覚えることが愛されポイントとして挙げられます。異性との関わりだけでなく、ビジネスシーンにおいても名前を覚えることを得意とする人は、高い評価を受ける傾向が見られます。

名前はコミュニケーションをする上で必要不可欠であり、会話を膨らませるための第一歩。そのためには初対面時に情報を保存することが大切です。聞き取れなかった場合や、珍しい名前の場合は、最初であれば聞き返しても大丈夫。相手の特徴と一緒に名前を記憶する習慣をつけましょう。

良いオーラを出すために必要なことを
詳しくお教えいたします。

良いオーラを得る

ピックアップ

オーラ診断

あなたは何色?
さっそく試してみる

今話題のオーラソーマ

ボトルが誘う真実
光とエネルギーの融合

灯りの部屋

大人気の本格サービス
本格診断してみる

初回無料で本格オーラ診断!