» 
 » 
アロマオイルで活性化

チャクラの部位をアロマオイルでマッサージして活性化

チャクラは体中を巡るエネルギーが出入りする場所であり、サンスクリット語で「車輪」と訳される重要なエネルギーセンターです。ヨガでは「プラーナーヤーマ」という調気法が不可欠ですし、気功においては気を取り込むための呼吸法が存在します。

それほどまでにエネルギーは私たちにとって重要です。そうしたエネルギーを出入りさせて肉体と精神の状態を整えるチャクラを良好な状態にする方法として、アロマオイルを使ったものがあります。チャクラを活性化させたいなら、アロマオイルでマッサージをしましょう。

アロマオイルを2~3滴、チャクラの部位に垂らし、マッサージするように塗り込みます。それぞれのチャクラには対応したアロマオイルがあるため、それを選ぶと効果的です。また、マッサージをするときは、オイルを手のひらで人肌まで温めましょう。

オーラとチャクラについてもっと詳しく知りたいなら
下記のボタンをクリック!

もっと詳しく知る

マグカップとアロマオイルでチャクラを癒そう

チャクラは活性化させるだけでなく、癒やすことも大切です。チャクラを活性化させすぎても肉体や精神は過剰反応してしまいますし、エネルギーが滞った状態が続くとチャクラにも疲労がたまってしまいます。そんなときは、マグカップを使いましょう。

マグカップに70~80℃と熱めのお湯を注ぎ、その上からアロマオイルを2~3滴垂らします。湯気と一緒に上ってくるアロマオイルの香りを楽しみながらその効果を取り入れることで、チャクラが癒やされていくのです。

こうした香りを楽しむ方法を「芳香浴」と言います。熱めのお湯の中にアロマオイルを垂らして、オイルの芳香成分を揮発させて呼吸器から取り入れる方法なので、「蒸気吸入法」とも呼ばれています。朝起きて出かけるまでのあわただしい時間や、帰宅してすぐ、お風呂上がりなど、時間を問わず行うことができるのも魅力です。

ぬるま湯にアロマオイルを垂らして、チャクラをクリーンにしよう

チャクラをクリーンにしておくことも、エネルギーの出入りをスムーズにする上ではとても重要なことです。チャクラがうまく働かないとその人のオーラはくすんで濁ってしまいます。

また、高次元の意識を目指してアクセスする上でチャクラがクリーンになっていないと、上手く効果を発揮させることができません。チャクラをクリーンにするために、お風呂でアロマオイルの効果を利用しましょう。

お湯の温度は38℃前後のぬるま湯で、アロマオイルを2~3滴垂らしてゆっくりと半身浴を行います。ゆったり時間を取って半身浴をすることで、肉体と精神をリラックスさせることもできますし、チャクラもクリーンになって開きやすくなります。さらに、ポジティブな言葉や思考でアファメーションをするのも良いでしょう。

今なら初回無料で
チャクラを活性化させる方法をお教えいたします。

初回無料で詳しく知る

ピックアップ

オーラ診断

あなたは何色?
さっそく試してみる

今話題のオーラソーマ

ボトルが誘う真実
光とエネルギーの融合

灯りの部屋

大人気の本格サービス
本格診断してみる

初回無料で本格オーラ診断!