» 
 » 
恋愛感情が負のオーラに変わる思考

強い嫉妬心から恋愛感情が憎悪になり負のオーラを生む

恋愛感情が屈折してしまうと、負のオーラへと変貌することも。一つ目の例として、度を超えた嫉妬心が挙げられます。相手を振り向かせたいと思うあまり、嫉妬したり、周囲の人を疎ましく思ったりすることは、恋愛中ならよくあるでしょう。

しかしその感情が強くなりすぎると、「あの人はわたしのことを何も考えていない」という感情が芽生え、相手への憎悪心に変わってしまいます。

憎らしいという感情は、マイナスオーラを発し負のオーラを高める原因。負のオーラが高まると、それらは念となって周囲へ飛ばしてしまいます。すると自分に厄がつくだけでなく、相手の不幸を招くことに。好き=幸せを願うという構図が壊れ、結果的には相手を不幸せにしてしまうことあるでしょう。

負のオーラでお困りの方は必見!
負のオーラの取り除き方や回避する為の方法を詳しくお教えいたします!

負のオーラを祓う

相手への疑心が強くなると、恋愛感情が負のオーラに

また疑り深い人も、恋愛中には気をつけましょう。疑心が強くなると、独りよがりな被害妄想が進み、相手を信じられなくなります。相手の言動ではなく、自分の感情が原因で自らを縛りつけてしまうので解決が困難です。膨れ上がったネガティブな感情からはなかなか抜け出せず、次第に負のオーラを出してしまいます。

また疑心の強い人は、臨機応変に対応することが苦手なため、急な予定変更などでもマイナスに捉える傾向があります。物事が思い通りにいかないことを相手のせいにし、あらぬことを疑ったり喧嘩腰になったりすることで、相手の感情に配慮できなくなるでしょう。

恋愛は一人では成り立たないもの。自分の思想や存在を明確に持ち、相手を思いやる気持ちや、状況の変化を受け入れる力を備えることが必要です。

相手に強く不安を抱いていると、負のオーラを集めやすい

さらに、過度な心配性や依存症のタイプにも、負のオーラが付きまといます。例えば、相手の行動を把握したいがため、密に連絡をしたり、優しい言葉を強要したりといった行動は、恋愛中によく見られます。このように相手に見返りや都合の良いリアクションを求める人は、それが予想を反してしまうと不安感を募らせます。不安な気持ちはマイナス思考の始まりであり、次第に負のオーラに変わることも。

負のオーラを持つことで、自立心やポジティブな思考はどんどん失われます。そうなると、「もう嫌われている」といった身勝手な感情に陥るとともに、思考をなかなか切り替えることができません。自分の都合ばかりを主張し、相手への気遣いをおざなりにしてしまうことで、自分自信の苦痛ばかりでなく、相手にもネガティブな感情を抱かせる原因となってしまうでしょう。

負のオーラからどうしても抜け出せないという方に、
もっと詳しいアドバイスをお教えいたします。

アドバイスを受ける

期間限定で初回無料!

ピックアップ

オーラ診断

あなたは何色?
さっそく試してみる

今話題のオーラソーマ

ボトルが誘う真実
光とエネルギーの融合

灯りの部屋

大人気の本格サービス
本格診断してみる

初回無料で本格オーラ診断!