願望実現に大きなパワーを持つきつね色タイプ

特徴

きつね色のオーラは、豊かさを生み出す神秘的な色です。数種類あるオーラの中でも、最も現世利益の効果が高いエネルギーで、きつね色のオーラをまとえば、金運アップや願望実現に絶大なパワーを発揮します。また、きつね色には「豊穣」の意味があり、商店や会社の玄関にきつね色のアイテムを置けば、オーラが定着し、次元を越えた「宇宙の豊かさの流れ」を引き寄せられます。

この色を意識するだけでも、更なる繁栄がもたらされるでしょう。金運をアップしたい方は、きつね色のアイテムを身につけるようにしてください。また、パソコンのデスクトップに、きつね色のイラストや写真を使えば、オーラの持つ開運効果が、部屋や持ち主のエネルギー体に定着します。

性格傾向

きつね色のオーラを持った人は、カラッとした性格の人が多いです。サバサバしているので、第三者から妬まれることも無く、誰とでもすぐに仲良くなれるでしょう。また、人の悪口や愚痴をこぼすことが無いため、誰からも信頼されます。本人も、自らの社交性やポジティブさに、救われる場面が多いでしょう。

きつね色のオーラを持った人は、商売人として成功する人が多いです。バイヤーや販売員、飲食店の経営のほか、社長として、大きく事業を展開する人も少なくありません。一生を通じてお金に困ることはないでしょう。

オーラの色の性質について
もっと詳しく知ってみませんか?

詳しく知る

きつね色と相性の良い色・悪い色

相性の良いオーラの色

きつね色のオーラと相性が良いのは、オレンジ色のオーラ、虹色のオーラです。特に、虹色のオーラと一緒になれば、全ての面でバランスの取れた、プラスのエネルギーが発生します。人間関係をより良くするには、虹色のオーラを持った人と一緒になると良いでしょう。

また、恋人や生涯のパートナーには、オレンジ色のオーラを持った人を選びましょう。オレンジ色のオーラを持った異性は、伴侶として最高の相手です。子宝に恵まれ、いつも笑いの絶えない「太陽のように」明るい家庭が築けるはずです。

相性の悪いオーラの色

きつね色のオーラと相性が悪いのは、水色のオーラ、薄紫のオーラです。特に、薄紫のオーラを持った人とは「犬猿の仲」と言われるほど、意見や価値観が合わず、喧嘩になることが多いでしょう。もし、肉親の中に薄紫のオーラを持った人がいれば、家庭環境は悪化しやすく、人間関係では注意が必要です。

親子の絆を良くするには、薄紫のオーラを持った人を「立てるように」してください。すべてにおいて、相手の要求を受け入れる必要はありませんが、相手の意見をしっかり聞くことで、大きなトラブルが防げます。

今ならあなたのオーラカラーを
初回無料で診断いたします。

オーラカラー診断をする

ピックアップ

オーラ診断

あなたは何色?
さっそく試してみる

今話題のオーラソーマ

ボトルが誘う真実
光とエネルギーの融合

灯りの部屋

大人気の本格サービス
本格診断してみる

初回無料で本格オーラ診断!