炎のような情熱を持っている朱色タイプ

特徴

朱色のオーラは「炎のような情熱」を持っています。邪気やマイナスの波動を焼き尽くし、すべてをリセットする強いエネルギーが、朱色のオーラの特徴です。朱色のオーラを意識すれば、過去の浄化や、マイナスの状況を好転させる良いきっかけが作れるでしょう。

ただ、朱色のオーラはエネルギーが強い分、バランスを取るのが難しいオーラの色です。オーラのエネルギーが強すぎる時には、青や寒色系のオーラで調和を図るようにしましょう。また、朱色のオーラには「過去を浄化する」意味があります。トラウマや消し去りたい記憶があれば、朱色のオーラで浄化しましょう。

性格傾向

朱色のオーラを持つ人は、愛情表現に長けた人が多いです。自分の気持ちをストレートに発することができ、異性や同性から慕われることが多いでしょう。ただ、自分の苦手なタイプや納得できないことには、自分の意見を曲げることができず、周りと衝突することも。

似たタイプや同じような種類の人(親、兄弟、姉妹)と良い関係を築くのが難しいかもしれません。また、恋愛傾向は、愛情が深すぎるが故に相手から「重い」と感じられることも。女性の場合は、愛情深い良い母親になれるでしょう。男性の場合は、熱くなりすぎる傾向があるので、冷静さを取り入れるようにすれば(仕事面で)成功できます。

オーラの色の性質について
もっと詳しく知ってみませんか?

詳しく知る

朱色と相性の良い色・悪い色

相性の良いオーラの色

朱色のオーラと相性が良いのは、薄紫のオーラです。薄紫は、朱色にない「霊的な要素」を持っています。情熱的な面だけでなく、冷静にその場その場で「最良の結果になるよう」上手にナビゲートしてくれるでしょう。朱色の人は、薄紫のオーラを持った人に惹かれやすく、片想いをすることが多いです。

薄紫のオーラを持った人と良縁を結ぶには、自分の気持ちを押しつけるのではなく、相手の気持ちを思り行動してください。いつでも冷静さ保つようにすれば(薄紫のオーラを持った人は)あなたに好意を抱いてくれるでしょう。

相性の悪いオーラの色

朱色のオーラと相性が悪いのは、きつね色のオーラです。お互い似たような点を持ち、それぞれルーズな面や、だらしない部分が目に付き「許せない」と思うことが多くあります。喧嘩や衝突を避けるには、相手の姿が「自分の人生を映す鏡」だと思うことです。

きつね色のオーラに対して「腹が立つこと」は、自分の中にある「マイナス要素」です。相手の嫌な面に直面したら、自分のマイナス面を反省するようにしましょう。相手を許すことができれば、自らの魂の成長となります。朱色のオーラを持つ人は「受け入れる愛」を目標にすると大きく開運します。

今ならあなたのオーラカラーを
初回無料で診断いたします。

オーラカラー診断をする

ピックアップ

オーラ診断

あなたは何色?
さっそく試してみる

今話題のオーラソーマ

ボトルが誘う真実
光とエネルギーの融合

灯りの部屋

大人気の本格サービス
本格診断してみる

初回無料で本格オーラ診断!