未来を切り開くエネルギーがある緋色タイプ

特徴

緋色のオーラは、2種類の意味を持っています。赤のもつ「情熱」と、緋色自身の持つ「冷静さ」の両面です。このオーラは、未来を切り開くエネルギーがあります。また、未来だけでなく「過去に向かって問題を解決する」エネルギーを持っており、全てを見通す「霊的なパワー」を兼ね備えているのが特徴です。

ただ、熱しやすく、冷めやすい部分があるので、運気がパッと良くなったかと思えば、まるでバランスを取るように「元へ戻ろうとする」エネルギーも合わせ持っています。良いエネルギーを生かせば、リーディングなどの能力に生かすことができるでしょう。

性格傾向

緋色のオーラを持った人は「愛情深い性格」の持ち主です。ただ、情に流されるだけでなく、自分の芯を残して行動することができます。自分が良いと信じたことは、根気よく続けることができるでしょう。その反面、自分が良くないと思ったことは、冷静に切り離す傾向があり、周囲からは「情の無い、冷たい人」と誤解される可能性があります。

周囲と良い関係を築くには、時々、客観的な視点を持つようにしましょう。事務的な能力に優れているため、出世する人も多いです。また、若い頃はお金に苦労するかもしれませんが、晩年は豊かで幸せな人生となるでしょう。

オーラの色の性質について
もっと詳しく知ってみませんか?

詳しく知る

緋色と相性の良い色・悪い色

相性の良いオーラの色

緋色のオーラと相性の良いオーラの色は、群青色と藍色のオーラです。寒色系のオーラを持った人は、輪廻転生など「過去世で縁のあった人」です。このタイプの人は、あなたの良い面を引き出してくれます。冷静なアイデアを与えてくれるので、失敗を防ぎ、正しい判断ができるようになります。

悩みごとがあれば、群青色や藍色のオーラを持つ人に相談してみましょう。また、寒色系のオーラを持つ人は、恋愛対象としても「良きパートナー」になるでしょう。お互いの良い部分を伸ばし、幸せな家庭が築けます。寒色系のオーラを持った人をビジネスパートナーに迎えると、事業で大成功する可能性が高いです。

相性の悪いオーラの色

緋色のオーラと相性が悪いのは、暖色系のオーラです。オレンジイエロー、きつね色、茶色のローラを持った人とは、性格や考え方が合わず、衝突することがあるでしょう。トラブルを悪化させたくない場合は、相手の立場に立って考えることが大切です。時には、相手の意見に合わせて、自分の意見を客観的に見るようにしましょう。

暖色系のオーラを持つ人は、義理や人情に深い人が多いです。緋色のオーラの中心にある「情熱」を抑えるようにすれば、衝突を避けて平和な関係が築けます。また、仲裁役として無色や半透明のオーラを持った人を仲間にすれば、争いを避けて平和な状態になれるでしょう。

今ならあなたのオーラカラーを
初回無料で診断いたします。

オーラカラー診断をする

ピックアップ

オーラ診断

あなたは何色?
さっそく試してみる

今話題のオーラソーマ

ボトルが誘う真実
光とエネルギーの融合

灯りの部屋

大人気の本格サービス
本格診断してみる

初回無料で本格オーラ診断!