感情が入り混じって信念がブレるあずき色タイプ

特徴

オーラカラーにはいくつかの種類がありますが、あずき色だと言われた人は、複数の感情が入り混じったり、信念がブレていたりする可能性があります。大地の色を示唆する茶系カラーは、地に足がついていて、安定した精神や揺るがない意思の持ち主に見られます。

また赤褐色系は、面倒見がよく人のために動くことができるという特徴があり、それぞれの要素が混ざると中間色になることがあります。いずれにしても暖色系カラーの特徴は、堅実主義であり、努力を惜しまないという点。コツコツと地道に積み上げることで満足感を得る一方で、頑固や強欲といった面も持ち合わせています。

性格傾向

あずき色を言い換えるなら、茶色がかった赤褐色。オーラは何層にもなって広がっているもので、森羅万象に存在するプラーナによっても影響を受けています。つまりプラーナの流れによって、赤みがかったり茶色がかったりといった変化が見られるということ。

状況に応じて、物欲が強く出たり、活動的になったりと不安定な状態が、あずき色の特徴とも言えるでしょう。またクリアに近ければ強い忍耐力があり、濁っていれば貪欲に手に入れるという傾向があるように、精神状態はカラーの濃淡にも表れます。オーラカラーが不安定なときは、サイキックアタック被害の可能性も考えられるでしょう。

オーラの色の性質について
もっと詳しく知ってみませんか?

詳しく知る

あずき色と相性の良い色・悪い色

相性の良いオーラの色

あずき色オーラと相性の良いカラーは緑系や青系。緑系は社交的で人間関係を円滑に保つという特徴があります。不安定なあずき色をカバーするという意味では、好相性だと言えるでしょう。また、青系は、冷静で客観的に物事を判断する能力があります。言い換えればマイペースな種類ともとれますが、あずき色の温厚な人柄と合い、的確な理論で良い方向へと導くカラーです。

さらに人によっては、あらゆるカラーに対応できる白色も合うでしょう。あずき色のもつ、多少複雑な気質ともうまく調和し、スムーズな関係を築けるかもしれません。

相性の悪いオーラの色

一方で、相性の良くないカラーは黄色。黄色オーラは、明るく社交的な面もありますが、他方では天真爛漫で子どもっぽさもあります。面倒見の良さが働いているときは受け入れられても、自分の努力を邪魔されるとストレスに感じてしまうことも。

また落ち着きのある紫色オーラは、あずき色にとって多少煙たい存在。何事にも精力的な姿勢のあずき色オーラにとっては、冷静沈着で直観力に優れた紫色オーラをライバル視する傾向が見られます。紫色オーラの持つ予知能力なども、現実主義のあずき色オーラには理解しがたいでしょう。

今ならあなたのオーラカラーを
初回無料で診断いたします。

オーラカラー診断をする

ピックアップ

オーラ診断

あなたは何色?
さっそく試してみる

今話題のオーラソーマ

ボトルが誘う真実
光とエネルギーの融合

灯りの部屋

大人気の本格サービス
本格診断してみる

初回無料で本格オーラ診断!